MGTxは、2020年1月に株式会社メタジェンの子会社として誕生し、その後「医療サービス」と「創薬」を主な事業として独立しました。MGTxのこれまでの歩みをご紹介します。

2014年7月

順天堂大学にて、CMO石川が
「抗生剤併用腸内細菌叢移植(A-FMT)」の臨床研究を開始

2015年3月

株式会社メタジェン創業。

同年、メタジェンのCEOである福田と、
後にメタジェンセラピューティクスのCEOとなる中原が出会う。

2016年11月

潰瘍性大腸炎に対するA-FMTの有効性を確認

*米国の学会誌「Inflammatory Bowel Disease」電子版にて、米国時間11月22日に発表

2020年1月

株式会社メタジェンの子会社として、代表取締役CEO中原、CMO石川、最高科学顧問 福田、最高科学顧問 山田の4名でメタジェンセラピューティクス株式会社創業

同年12月、資本関係の見直しにより、メタジェンセラピューティクス株式会社が独立。
「医療サービス」と「創薬」を主な事業とする。

2021年3月

シードラウンド資金調達を実施。
ファストトラックイニシアティブと慶応イノベーション・イニシアティブが投資家として参加。

同年12月、AMED事業「次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業(腸内マイクロバイオーム制御による次世代創薬技術の開発)」に採択

2022年4月

メタジェンセラピューティクスと順天堂大学が共同研究講座「細菌叢再生学講座」を開設。

CSOに元 小野薬品工業/日本マイクロバイオームコンソーシアム設立メンバーの寺内淳が就任。

同年6月、プレシリーズAラウンド資金調達を実施。
既存投資家に加えて、ジャフコ グループが参加。

2022年10月

日本初の医療・創薬利用を目的にした腸内細菌叢バンクが始動。
2023年にドナーの一般募集を目指す。