細菌叢再生

国内20万人以上というもっとも患者数の多い指定難病である炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease, IBD)に代表されるように、腸内細菌叢の乱れ=ディスバイオーシス(dysbiosis)を原因の一つとする疾患は多数存在します。
私たちメタジェンセラピューティクスはこのディスバイオーシスを正常化することを「細菌叢再生」と名付け、様々な治療法の開発と普及に取り組んでいます。

Fecal Microbiota Transplantation(FMT, 糞便微生物叢移植)はそのアプローチの一つです。
これは良好な腸内細菌叢を持った人の便を処理して得る細菌叢溶液を患者さんの腸内に注入することにより、腸内の細菌叢を入れ替えて疾患の改善を試みるものです。国内外の多くの医師、研究者が安全で効果的な治療法とするために日夜研究を進めており、先行する国では標準治療として認められ始めています。

Chief Medical Officerの石川は順天堂大学でFMT臨床研究を進めており*1、メタジェンセラピューティクスは順天堂大学と連携し、FMTに用いる便の収集および細菌叢溶液への加工・流通を行うことで社会実装を目指します。

*1 順天堂大学 潰瘍性大腸炎に対する便移植療法

マイクロバイオーム創薬

腸内や皮膚・口腔などヒトは体のいたるところに細菌叢を持っています。これらを解析するマイクロバイオーム研究により、細菌叢と健康・疾患との関わりの解明が進められています。

マイクロバイオーム創薬は主に腸内細菌叢に対する基礎研究から導き出された作用機序や腸内細菌そのものをターゲットにしており、従来型の低分子や生菌製剤としての医薬品開発が期待されます。

メタジェンセラピューティクスはFMT基盤およびChief Scientific Officer福田の生命科学研究、Chief Technology Officer山田のバイオインフォマティクス研究を活用し、現在、消化器系疾患や免疫系疾患を対象とした複数パイプラインの開発と探索的研究を進めています。